就活用オフラインの企業研究法

人から得る情報と言うのも重要な手がかりです。特に、実は就職する上で結構大事な”社風”みたいなところは資料を見ても分からないことが多いですから。
こういうところは人から聞いたり、感じたりする以外には情報源がなく、就職活動や企業研究をめんどくさくしている要因なのですが、大事なことですからオンラインで気になった会社には足を運んでおきましょう。

会社と言うのは、もともと社風に合った価値観が似た人を採りたがるものですし、何年も同じ会社で一緒に仕事をしているとなんとなく考え方が似てくるため、社員の人と会ってみるというのは社風を知る上では有効です。ただし一人だけとその人はその会社の中でたまたま異質な人だったりする可能性もあるので、確率を高めるには複数の社員と会ってみるのがいいでしょう。

会社説明会、セミナー

当然いいことしか言わないし、都合の悪いことは隠されるんだけど、一度に色々な社員を見ることができることも多いので、それなりに社風を感じることができることが多い。面接で就活生が化けの皮がはがれがちなのと同じで、会社説明会では企業も化けの皮がはがれることもあるから。
なので、それなりに足を運ぶ価値はある。特に合同会社説明会は、一度に何社も話が聞けるから効率はいい。個別会社説明会への出席は志望度の高さを示す材料になるし、志望動機作りの材料にもなるだろう。

更に有効活用したいなら色々質問をしてみよう。話をしてみることによって、人を大事にする会社かどうかなどを少し感じることはできるだろう。選考に関係ない説明会の場合は、つまんない質問したっていちいち誰が質問したかなんて記録してないから気の聞いた質問じゃなくて大丈夫。

でも、そのまま選考になだれ込む形式の会社説明会だったら、下手な質問は避けたほうがいいと思う。

OB訪問

キャリアセンターに行ってOBリストがあれば楽だけど、ない場合は少しめんどくさい。しかし、リクルーターでない親切な若手のOBと話が出来れば、選考の流れや、実際に面接で質問されたこと、筆記試験の内容などコアな情報が手にはいるためやった甲斐はあると思う。

また、面接に向けて苦手な敬語を使うトレーニングにもなるので、特に志望度の高まった会社にはやっとくといい。

OBが見つからなければ、人事に電話でもかけて相談してみると、クローズドの質問会に混ぜてくれたりもするので、ダメモトで人事に電話してみるといいと思う。

その際聞くべきことは )

  • 仕事の内容(企業研究ですね)
  • その人の志望動機(自分の志望動機や自己PRを話してみてコメントをもらってもいい)
  • 会社にはどんな人が多いか(これはどんな人間を多く採っているかということ)
  • 採用サイトなどに書いてある会社のセールスポイントの確認(お題目なのか本当なのかの確認)
  • 同業のライバル社についてコメントしてもらう(これが意外とアテになる)
  • 選考の流れ
  • 面接の形式、質問された内容
  • 筆記試験やGDの形式、その内容
  • その他聞いておきたいこと


    他の人にも会ってみたいなら、このOBに同僚を紹介してもらってもいいかもしれない。OBが少ない場合これが有効だ。
    リクルーターであれば有価証券報告書の「事業上のリスク」に書いてあるような通なコトを聞いておくのも、研究してそうな感じが出ていいかも。

    面接

    選考が進めば、選考を通じて多くの面接官と話をすることになると思う、こうなれば確率的なばらつきは減り、かなり正確に社風をつかんできていると思うので、
    その時点で感じているその会社の印象は割と正しいと思っていい。選考を通じて志望度が高まった会社は、多分向いている会社だし、そうでなければあまり向いていないのかもしれない。
    ま、そういう向いてない会社にはけっこう落とされるものなんだけど、あなたがハイスペックなら通ってしまうこともあると。
    次は、「志望企業の選び方」へ→

    ←BACK | 新卒大学生向け就職活動情報HOME | NEXT→

  • 新卒大学生向け就職活動情報

  • 新卒大学生向け就職活動HOME
  • 就職活動の要素
  • 人事はなにを考えているのか
  • 自己分析のやり方
  • メディアを通じた企業研究法
  • オフラインの企業研究法
  • 志望企業の選び方
  • 選考攻略戦略の立て方
  • 自己PRや志望動機作り
  • エントリーシート作成
  • 外見をどう仕上げるか
  • 面接対策とテクニック
  • グループディスカッション対策
  • SPIなど筆記試験の対策
  • 大学2年や3年春からやる就職活動
  • 就職活動における注意点

    外部リンク

  • TOEIC勉強法、参考書
  • スカイプ英会話評判比較