メディアを通じた企業研究法

Webなどでかなりの企業情報を取ることができます。色んな情報元がありますが特徴をつかんで就職活動に活用しましょう。

就職活動用企業研究の情報源とその特徴

■企業のWebサイト、採用サイト、パンフレット
とりあえず色々書いてあるし、読みやすく出来ているので、見ておくべきかと。

この情報源、特に採用サイト、パンフはウソは書かれていないとは思うが、色々お化粧がされているし、都合の悪いことは書かれていないし、十分な情報源とは言えない。但し、「会社の伝えたいこと」が出ていると言う点が使える。ここに書かれていることは、会社が言われてうれしいことだから、無難に志望動機をまとめる上ではいいヒントになる。


■有価証券報告書
上場企業は、有価証券報告書なる数十ページに及ぶ読みにくい書類を毎年作らなければいけない。この資料が貴重なのは、企業のサイトなどでは基本的にいいことばかり書かれているが、有価証券報告書には例えば「事業上のリスク」なる項目があり、リスクとなりうることが列挙されていたりする。
財務諸表が読めれば更に見ごたえがあるのだが、出来なくても十分参考になる。

この資料に書いてあるようなことを何かの機会に質問すれば、企業研究が進んだ志望度の高い学生と思われるだろう。

また、役員の略歴なども載っている。これを見ると各役員が何歳くらいでどのポジションになったか、またそのばらつきの大きさを見れば、能力主義か、年功かの見当が付く。
役員の半分が同じ姓だったりすればどうにも同属会社だし、役員の卒業校が特定の大学で占められていれば学閥の強さも分かる。と、役員の構成や履歴から色々なことが読み取れます。

また、平均年収なんかのデータも出ているし、会社によっては男女比なんかもあるから非常に使える資料です。

ほとんどの上場企業のWebサイトには「IR情報」とか「投資家の皆様へ」なんて項目があるので、これをたどるとダウンロードすることができる。半期、四半期のものより通期のものを探して読んだほうが有益と思います。


■Wikipedia
会社によって違うが、就活生がコンパクトに会社の概観をつかむには悪くない資料だ。一般的には企業のWebサイト、採用サイトよりは手前味噌度も総じて低いので、見ておいたほうがいいだろう。ウソはあまり書いていないと思う。ただし、一部の企業は積極的に社員が書き換えてお化粧してる場合もある。


■みん就、2ちゃんねる
本当のコアなことも書いてある反面、ウソも多い。書かれていることの半分以上は間違いだろうか。内容を見ても本当なのか間違いなのかは外の人にはわからないだろうから、情報をどう使うか活用方法が難しい。僕の会社で言えば面接が始まったとかもう内定が出たとか選考フローに関する情報はほとんどがウソ。
なぜ就活生はそういうことをするんだろう?ライバルを混乱させるためなのか?
みん就や2ちゃんねるを見てもいいけど話半分に思っておいたほうがいい。いちいち気にしないように。


■就職四季報等の書籍
あると便利だし、会社によって出ているデータに統一性がないので比べにくいが、そんなにウソは書いていないので就職活動に使えないことはないと思う。ある業界にどんな会社があるのかを手っ取り早く知るには悪くない本だ。

就活向け財務諸表をどう読むか


前述の有価証券報告書にも出ていますが、財務諸表ってありますよね。企業が儲かっているかどうかはこれ見れば分かります。読み方が分かると色々なことが分かるのですが、会計よくわからない就活生がとりあえず気にするべきなのは3つ。


■「損益計算書」の「営業利益」
単年度限りの一時的な支出や収益や税金の影響を受けない、本業での利益を表す数字です。絶対値が高ければいいですし、数年のトレンドで大きくなっていればいいです。

■「貸借対照表」の「総資本/総資産(株主資本比率)」
事業を行なう上で必要な資産のうち、借金ではない返さなくてもいいお金の比率です。この比率が大きければ潰れにくいと言えます。


■「キャッシュフロー計算書」の「営業キャッシュフロー」
「営業利益」にやや近い概念ですが、会計上の操作がしにくい指標です。絶対値が高ければいいですし、数年のトレンドで大きくなっていればいいです。

注意点は、直近の決算数値を見る場合、今は不景気ですから景気変動の影響を受けやすい建設、機械、人材、広告関連など業種の数字は悪いですが、これらの業種は景気が回復すれば間違いなく業績が良くなる業種ですし、輸出比率の高いメーカーも今は円高で数字が悪いですが、レートが変われば簡単に良くなります。
ここ2,3年の数字やトレンドだけで判断しないほうがいいと思います。


また、売上高の数字を見る場合ですが、減っている場合でも、前向きな事業売却や不採算事業からの撤退などのせいで減っているケースもありますから、一概に売上げが減ったから悪いとも言えません。


次は、「オフラインの企業研究法」へ→

←BACK | 新卒大学生向け就職活動情報HOME | NEXT→

新卒大学生向け就職活動情報

  • 新卒大学生向け就職活動HOME
  • 就職活動の要素
  • 人事はなにを考えているのか
  • 自己分析のやり方
  • メディアを通じた企業研究法
  • オフラインの企業研究法
  • 志望企業の選び方
  • 選考攻略戦略の立て方
  • 自己PRや志望動機作り
  • エントリーシート作成
  • 外見をどう仕上げるか
  • 面接対策とテクニック
  • グループディスカッション対策
  • SPIなど筆記試験の対策
  • 大学2年や3年春からやる就職活動
  • 就職活動における注意点

    外部リンク

  • TOEIC勉強法、参考書
  • スカイプ英会話評判比較