就職活動のキモ、面接対策

就職活動の中で、面接は最も重要なものです。そして、面接こそ対策と技術と練習で改善できるものですからがんばりましょう。
但し、面接官が誰か?という運にどうしても支配されるものなので、不条理な選考でもあるのですが、これをなんとかするために複数回の面接をして、運の要素を減らしています。これで、より就職活動が大変になるわけですが。

事前にエントリーシートを見返しましょう

どんなエントリーシートを出したか忘れると、面接官にとっては手元のエントリーシートと、就活生の言うことがずれているということになるので、相当良くないです。事前に見ておきましょう。

とにかく緊張しないようにしましょう

緊張しないようにと思うと余計緊張してしまうものですが、それでも極力緊張しないようにしましょう。面接のデキの半分以上はリラックスできたかどうかで決まります。
面接における一番の緊張対策は「慣れ」で、就職活動を他の人より早くから初めて面接慣れをしておくことはアドバンテージになります。面接の経験を積んで色々な質問に対応していく中で、質問に対する答えのストックも多くなっていきます。
楽天他インターネット関連の企業など1月から選考が始まる会社はいい練習になりますから、志望業界に関わらず数社受けておくことをお勧めします。

定番のリラックス対策は「深呼吸」でしょうか、ゆっくり長く息を吐くようにすると効果があるように思えます。

部屋に入る時は勝負です

姿勢に注意して、練習した微笑みで入室します。練習したお辞儀で、あるていど大きな声で、面接官の目を見て挨拶します。で、練習した微笑みをたたえつつ練習した姿勢で座ります。

話し言葉で目を見て話しましょう

原稿を用意して自己PRや志望動機は練習した方がいいのですが、話し方が原稿棒読み風になってしまうと、言葉にチカラが感じられず非常に良くないです。エントリーシートの文面でなく、口語体で構成した原稿を用意するといいでしょう。
話す時は必ずアイコンタクトして話してください。面接官が複数の場合は目線を配分してください。
捏造エピソードもしっかり目を見て話されると本当っぽく聞こえるものです。

正しく質問に答えること

面接で一番良くないのは、質問に答えず、内容自体はいい話でもちょっと違う答えが返ってくることです。準備してきた話をしたいのは分かりますが、これは質問の意図を理解できないコミュニケーション力不足の人であると一発認定されてしまいます。
これを狙って、面接官は就活生に対してわざと質問の意図が取りにくい質問をして、トラップを仕掛けることがありますが、こういう質問に対してこういう意図だろうと勝手に決めて話し出すのは危険です。
意図が分かりにくければ答える前に、「こういうことをお話すればよろしいですか?」と確認してから話し出すようにしましょう。
また、関連するセールスポイントをどこかで話したいのであれば、質問に答えた後で、「ご質問の答えとはすこしずれますが」みたいに断ってから話しましょう。でも、全く関連ない質問に付け加えるのはやめましょう。

エントリーシートと全く同じ話を話さない

面接でエントリーシートと全然違う話をしてはだめですが、エントリーシートに書いてあることを同じように読まれてもつまらないです。
エントリーシートと同じ質問に対して答える時は、エントリーシートに書かれていない付加情報を用意して話してください。
エピソードをより具体的に話したり付加してふくらますといいでしょう。

表情・姿勢の使い分けを

基本は微笑みとニュートラルな座り方で話し、意欲を伝えたいような話をする時だけは、睨み系の表情で前のめり気味(猫背はダメ)の座り方に変えるなど姿勢や表情にメリハリを付けると印象がいいし、話も良く伝わると思います。
2パターンの使い分けが出来るようにしましょう。

会社によっては、最初にリラックスできるようにネタを振ってくれるような面接官もいるので、面白くなくても笑っておきましょう。自分も少しリラックスできるはずです。

面接官の反応はイマイチアテにならない

面接官にも、陽気な人とそうでない人がいますし、こいつはダメだと判断した就活生ほど、落としても会社に対する悪い印象を残さないために面接で感じ良くして時間も長くするという会社もありますから、面接官の反応はあまりあてになりません。
面接途中で雰囲気悪っ。と思っても悲観してテンパッてはだめです。実は意外と評価が高いからこそ意地悪な質問をされることもままあるので自分のペースを崩さないように。
次は、「就職活動フォーラム掲示板」へ→

←BACK | 新卒大学生向け就職活動情報HOME | NEXT→

新卒大学生向け就職活動情報

  • 新卒大学生向け就職活動HOME
  • 就職活動の要素
  • 人事はなにを考えているのか
  • 自己分析のやり方
  • メディアを通じた企業研究法
  • オフラインの企業研究法
  • 志望企業の選び方
  • 選考攻略戦略の立て方
  • 自己PRや志望動機作り
  • エントリーシート作成
  • 外見をどう仕上げるか
  • 面接対策とテクニック
  • グループディスカッション対策
  • SPIなど筆記試験の対策
  • 大学2年や3年春からやる就職活動
  • 就職活動における注意点

    外部リンク

  • TOEIC勉強法、参考書
  • スカイプ英会話評判比較