TOEIC攻略の基本戦略

英語力を伸ばさないで。 TOEICの点につながるところだけに集中する。

このサイトは、「英語力のない社会人が、最小の勉強時間で、最大のTOEICスコアをマークする」 ことを目的にしています。

そのために、

<TOEICに出ることだけをやる。>

「総合的な英語力を伸ばす」ことをやらないことが、効率のよいスコアアップの道だと思います。


<学習効率の高さを追求する。>

少ない勉強時間でスコアアップを狙うため、時間効率に徹底的にこだわります。

この2つを基本戦略としています。


TOEICスコアアップには、「スピーキング」も「ライティング」も「正確なスペル」も要りません、発音のきれいさなんて1点にもなりませんし。美文や文学的な表現に慣れる必要もないですし、スラングや流行り言葉を知る必要もありません。こういった要素の勉強を極力捨てることで、学習効率をアップさせます。

あと、色々なことを勉強していく「順番」にこだわり、効率的でストレスの少ない勉強法にしたいと思っています。

よく、実力より高めの参考書を使ってしまい、さっぱり分からなくて効果も出ない上つらくて止めたくなっている人がいますが、それは本当に時間のムダです。

理解できるレベルの参考書や問題集を使わないと勉強効率は上がりません。また、本屋にあるTOEIC参考書には本当にいいもの、悪いものが混ざってますから、表紙のデザインで選んじゃダメです。悪い参考書や問題集は思い切り時間を無駄にします。

英語の勉強法としてよくオススメされている、「音読」「シャドウイング (聞きながら話す練習)」は、発音することにより、話せるようになるとか発音を良くするためには大変効果的なトレーニングだとは思いますが、話すことや発音は TOEICには全く関係ありません。
声に出すことで、どうしても速度は下がるため、リスニングの勉強として捉えた場合、同じ時間で聞ける量が減るので、これらはどうしても時間効率が下がります。

DS「えいご漬け」でやる「ディクテーション(書き取り)」も、書くことはただ聞くよりも時間がかかるため、単位時間当たりの聞ける量は激減し、TOEICでは問われない単語の正確なスペルを覚えなくてはいけないという無駄な負荷がかかるので、レベルに よりますがTOEICの勉強としてはそんなにはおすすめしません。「えいご漬け」自体はDSの機能が生きるリスニング初級者に、また、やる気が出ない時向けにおすすめなんですが。

英語学校に行くことは、移動に時間がかかるし、展開によっては「もう知ってること」をまた教えられて時間を無駄にする羽目になったりするので、日常会話中心に総合的な英語力を伸ばすためにはいいのかもしれませんが、TOEIC的には学習効率は高くないと思います。

また、「TOEIC対策コース」などの通信教育も、意外と出題傾向がTOEIC的でないことがあり、よく研究された市販の参考書や問題集の方がずっといいことが多いです。なので、「市販の参考書による自習」が時間効率はいいと思います。もちろん費用効率も。

本は、分かってることは飛ばせばいいし、分からないところはしつこく読めばいいし、自分のペースでいける分、時間効率は高いと思います。

また、時間のない社会人が、どこでどう勉強する時間をひねり出すか、また、僕のような根性なしでもなんとか英語学習を続けるための工夫もご紹介します。


次は、TOEICの勉強法と道具に関して

←BACK | TOEIC勉強法と参考書HOMEへ戻る | NEXT→

TOEIC勉強法と参考書

TOEIC勉強法と参考書HOME
TOEICってどんなテスト?
TOEIC攻略の基本戦略
勉強法&ツール
勉強時間をひねり出せ
TOEIC攻略のステップ
入門の勉強法、参考書
基礎の勉強法、参考書
実戦的勉強法、参考書
試験対策勉強法、参考書
まずは700点を狙う勉強法、参考書
勉強法まとめ
単語強化の勉強法、教材
リスニング強化の勉強法
リーディング強化の勉強法
傑作参考書と名著者
試験本番の攻略法
問題文、選択肢先読みの方法
Nintendo DSでTOEIC学習
英語学習修行
売れ筋英語学習本や洋画DVD

外部リンク
スカイプ英会話の評判を比較
TOEICの任天堂DS勉強法
TOEIC関連リンク集