Step4 本番対策のTOEIC勉強法と参考書、問題集

TOEICに必須の試験技術を身につける勉強法です。参考書、問題集で一番効率よくスコアを伸ばせるのはここ

どんな試験でもそうですが、試験自体の傾向だったり、慣れがないと点は取りにくいですよね。特にTOEICは出題形式が決まっていて、出題傾向も一定。更に時間がない中で沢山の問題を解かなければいけないという慣れが重要な試験なので、模試形式の問題集を何回もやって対策しておくことが必要です。 TOEICは試験技術と慣れが本当に重要ですから。

そして、リスニングのパート3.4では、問題となる音声が流れる前に選択肢を読んでおく「選択肢の先読み」技術を身につけると全然楽になりますし、リーディングのパート5は、平均一問30秒位で答えないと、パート7で必ず時間が足りなくなるので、そこらへんは模試形式の問題集で対策して慣れと要領を身につけたいところです。


なので、ある程度TOEIC教材による勉強が進んだら、模試形式の問題集をたまにやってみて、どんな感じか試してみましょう。で、採点してみて、予想得点出してみて、自分のレベルや得意、不得意な分野を把握し、Step3の勉強をしましょう。

また、模試形式問題集、特に公式問題集をやったら間違えた問題、迷ってカンで答えた問題は必ず復習して潰しておきましょう。
あと、特に公式問題集のリスニング素材は、リスニング教材として最良なので、模擬試験してみた後でも何度も何度も聞いておきましょう。

これまでの勉強は、電車の中でもやれる勉強でしたが、模試形式の問題集だけは、2時間じっくり時間を取ってやらざるを得ません。これだけはしっかり時間取って、時間も計って取り組みましょう。
本番までに少なくとも5回分は模試形式の問題集を時間を計ってチャレンジしておくことをおすすめします。

そして、重要なのが試験対策参考書です。「選択肢の先読み」技術や時間配分の練習、出題傾向の再確認のためにも試験対策参考書は必ずやっておきましょう。これがスコアアップの上で最も効率的な勉強方法です。

Step4「試験対策勉強法」のゴール

■模試形式の問題集教材に挑戦し、時間配分など試験の受け方を把握する。
■各ジャンルの得意不得意を見極め、今後の戦略を練る。
■試験対策参考書を使用して、試験技術を身につけ、模試形式の問題集でそれに慣れる。

おすすめ試験対策参考書、問題集、教材

TOEIC Test 「正解」が見える【増補改訂第2版】
★★★★★必携
韓国のTOEICマニア「キムデギュン」さんの試験対策参考書。この著者の本の中でもこれが一番の傑作とされています。TOEIC受験者にはこの本は”キム本”と呼ばれ日本でも人気です。出題傾向の分析がすばらしい。絶対買うべし。下手するとこの本で対策するだけでスコア100点上がると思う。但し、英語力はあまり上がらないと思う。


新TOEICテスト 直前の技術 スコアが上がりやすい順に学ぶ ★★★★良い
キム本に似ているが、出題傾向よりも時間配分等試験技術寄りの参考書。これも読んで損はないです。時間配分の目標が過酷。


中村澄子が教える TOEIC(R) テスト スコアアップ131のヒント ★★★★良い
これも試験対策参考書ですが、上記2冊と微妙に攻略の切り口が違うので、これも読んでおいて損はないと思います。この中村澄子さんも、TOEICを猛烈に研究している人。出題傾向の分析や技術ともに非常に有益です。

Step4「実戦勉強」のおすすめ模試形式問題集、教材

TOEIC TEST新公式問題集 
★★★★★必携


TOEICの胴元製なので超リアルな模試形式の問題集です。問題や解答用紙の大きさ、フォーマットもほぼ本番同様。そのため大きく重いですが。ナレーターも本番と同じみたいです。
基本的には過去問だと思ってやればいいと思います。

模試として時間計ってやってみれば実力把握と時間配分の練習に使えます。
その後は出題傾向を完璧につかんだ問題集として復習のしがいもあるというおいしい参考書です。
模試としてやってみた後は、CDの音声をMP3プレイヤーに突っ込んで全パートを何度も復習し、パート5は暗記してしまう勢いで復習をしましょう。出題傾向が近いのでその甲斐は多分あるでしょう。

TOEIC新公式問題集は、現在vol.1からvol.5まで出ていますが、バージョンの新しいvol.5、vol.4は、音声トラックが細かく分かれていてリピートしやすく出来ているので、新しいものから買って行けばいいと思います。


TOEICサードパーティ問題集 ★★★★良い

「究極の模試600問」は、公式問題集と同サイズ、同価格で3回分入っているので1回分多いというもの。問題も、解説もなかなかいいです。「超リアル模試」は公式問題集より小さい本ですが、比較的発行が新しく、TOEIC難化傾向を反映しており、作りも親切なのでお勧めです。


他はどれも同じようなもの。公式問題集よりも値段が安いのに3回分入っていてお得。解説も公式よりしっかりしているので、復習もしやすい。そして、公式問題集よりサイズが小さいので電車の中でも復習しやすい。

注意点としては難易度が本番よりも若干高いので、出来なくてがっかりしないこと。時間配分の感覚も狂う。特に「正解が見える」模試のリスニングは難しいかも。

でも、これらの模試の長所も少し難しめなところにあり、中級の人が間違えがちなちょっとレベル高めの問題が多く、分かりきった簡単な問題が少ないということなので復習効率がいいとも言える。

1冊は必ず買ってやろう。できれば2冊。

公式問題集もそうだけど、CDは必ず復習用にMP3プレーヤーに突っ込もう。

あと、特にパート5は絶対復習を何度もやっておこう。

ちなみに、「まるごと模試600問」の方の巻末についている重要例文集はなかなかよい。芯を食っている感じがする。こいつも携帯音楽プレーヤーに入れて聞きましょう。
このオマケ分若干値段が高いと言う感じか。


ここで、最低20時間は使いましょうか。
対策参考書の勉強や模試形式の問題集で間違えたところの復習はスコアアップのために非常に効率のいい勉強なのでがっちりやりましょう。
あとはこの対策を生かして本番で実力を発揮するだけです。

次は、「700点狙いの勉強法、参考書」へ

←BACK | TOEIC勉強法と参考書HOMEへ戻る | NEXT→


TOEIC勉強法と参考書

TOEIC勉強法と参考書HOME
TOEICってどんなテスト?
TOEIC攻略の基本戦略
勉強法&ツール
勉強時間をひねり出せ
TOEIC攻略のステップ
入門の勉強法、参考書
基礎の勉強法、参考書
実戦的勉強法、参考書
試験対策勉強法、参考書
まずは700点を狙う勉強法、参考書
勉強法まとめ
単語強化の勉強法、教材
リスニング強化の勉強法
リーディング強化の勉強法
傑作参考書と名著者
試験本番の攻略法
問題文、選択肢先読みの方法
Nintendo DSでTOEIC学習
英語学習修行
売れ筋英語学習本や洋画DVD

外部リンク
スカイプ英会話の評判を比較
TOEICの任天堂DS勉強法
TOEIC関連リンク集