Step2「TOEIC基礎レベルの勉強法」 次は単語を増やそう

まず単語、熟語から勉強を。つらいけど

中学生レベルの文法とある程度の単語が分かれば、TOEIC本を読んで理解できるようになります。なのでTOEIC本中心にに取り組んでいきましょう。ここからが本番の勉強です。

で、まず取り組むべきなのは、入門レベルより上級の頻出単語、熟語です。基礎的なものでよく出てくる単語を理解しておかないと、リスニングもリーディングも勉強にならないので。

単語は単純な暗記なので非常につまらない修行ですが、今後の勉強を効率よくするためにはこれは必要な修行です、がんばりましょう。
リスニングの勉強に進むためには、当然それらの単語も読んだわかるだけではなく、聞いてわかる必要がありますね。

この単語学習のステップが単調で一番つらいと思いますが。ここを飛ばすと、後のステップの学習効率が相当落ちると思います。でも、単語は細切れの時間でやれる勉強なので、少しづつでも継続してがんばりましょう。

Step2「基礎レベル」勉強のゴール

やること
■中学レベルよりも上級な頻出基礎単語、熟語を覚える。
■その単語、熟語をリスニングで分かるようになる。
■スローの短文ならリスニングできるようにする。

Step2「基礎レベル」のおすすめ参考書、教材

単語の勉強といっても、そのまま覚えるのはつらすぎるので、せめて例文型の単語本でないと厳しいと思います。
語源型もいいのですが網羅性に欠けるので次のレベルで。
そして、リスニングできるようにならないと意味がないのでCD付きであることが必須。
リスニングに自信がない人はCDのスピードがゆっくりでないとやめたくなる。なのでDUOがおすすめです。
ある程度聞ける人は以下の3つからどれかをやればいいと思います。

根性がある人は同じ本をやりこめばいいのですが、同じ本のやりこみがつらくなってきたら 他の単語本もやってみるというのもありです、
結局覚える単語は変わらないのですが、 多少気分が変わってがんばれるような気がします。


DUO 3.0とCD★★★★★必携

大学受験生からTOEICまで人気のある本、短文に複数の重要単語を組み込んで覚えやすくしたタイプの単語教材。 僕もDUOが一押し、ていうか必携レベルの基礎単語本だと思います。

なぜ必携本かというと、CDの構成が素晴らしいから。
本とCDが別売になっていて、CDはゆっくり読んでくれる「基礎用」と普通の速度で読む「復習用」の2種類ある。

基礎用CDはゆっくりめとふつうの2つのスピードで例文が入っているため取り組みやすいがその分CDがなんと5枚なので最初はちょっと引く。
でも最初はこのゆっくりめが本当に助かる。このため、単語教材としてはもちろん、例文が短文で聴きやすいので初級者のリスニング入門用教材として最良だと思う。

復習用CDはレギュラースピードだけで全文が1時間に収まっており、スピーディに復習できるので、基礎用を一度潰した後に短時間で効率的に復習を行うことが可能になる。この2ラインのCD構成がDUOのいいところだと思う。
単語レベルはスコア700点目標にはちょうどいいくらい。しかし、出ている単語は基礎単語なので、TOEICを含めどんな英語でも頻出するとはいえ、別にTOEIC向けというわけでもないので、800点台を狙う人は何らかTOEIC向けの単語教材でフォローが必要。「英単語スピードマスター」あたりを併用するか、文法教材や模試本に出てくる単語をちゃんと潰すといいと思う。


「速読速聴」シリーズ★★★★良い

これもけっこう人気がある単語本。DUOは短文だが、速読速聴はもっと例文が長い。なので、読んだり、聞いたりのトレーニングになる。但し、その分単語密度が低く、終わらすのにも復習にも時間がかかるので、僕はDUOの方が効率はいいと思う。

しかし、DUOを終わらした人が、リスニング、リーディングのトレーニングと単語の再確認を兼ねて取り組むのであればいい本だと思う。
更に上級レベルのADVANCEもあるけど750目標レベルなら不要だと思うし、収録単語が英検っぽいのでこれは不要だと思う。


「英単語・熟語ダイアローグ」シリーズ★★★★良い

これもファンがいる単語本。速読速聴は読み上げ系だがこっちは対話文。パート3対策にもなるかも。これも文章が長い分単語密度が低いので、終わらすのにも復習にも時間がかかる本。

これも「速読速聴」と同じように、DUOを終わらした人が、リスニング、リーディングのトレーニングと単語の再確認を兼ねて取り組むのにいい教材だと思う。


単語本、単語CDは何度も何度も繰り返して読み、聞いていかないとオヤジの腐った頭には単語が入っていかない。すぐ忘れるし。
忘れたと思ったころには、また再確認というか復習をしないとだめだ。
7-8割くらい覚えたら次のステップに行きましょう。そこまでは少なくとも30時間くらいはいるかな?
次のステップに行っても単語の勉強は継続してやり、スコア800台目指すなら9割以上は覚えましょう。

大部分はしっかり覚えてしまった単語本をまた全部復習するのは時間のムダだから、 なかなか覚えられない単語はそれだけ紙に書き出して、そこだけ何度も何度も何度も復習しよう。



次は、「Step3 実戦の勉強法」へ

←BACK | TOEIC勉強 法と参考書HOMEへ戻る | NEXT→

TOEIC勉強法と参考書

TOEIC勉強法と参考書HOME
TOEICってどんなテスト?
TOEIC攻略の基本戦略
勉強法&ツール
勉強時間をひねり出せ
TOEIC攻略のステップ
入門の勉強法、参考書
基礎の勉強法、参考書
実戦的勉強法、参考書
試験対策勉強法、参考書
まずは700点を狙う勉強法、参考書
勉強法まとめ
単語強化の勉強法、教材
リスニング強化の勉強法
リーディング強化の勉強法
傑作参考書と名著者
試験本番の攻略法
問題文、選択肢先読みの方法
Nintendo DSでTOEIC学習
英語学習修行
売れ筋英語学習本や洋画DVD

外部リンク
スカイプ英会話の評判を比較
TOEICの任天堂DS勉強法
TOEIC関連リンク集

TOEIC600点狙い参考書
売れ筋ランキング