TOEICレベル入門、初心者の勉強法。まず単語、熟語、文法の基礎を参考書でおさらい

Step1「入門レベルTOEIC勉強法」初心者はまず中学レベルの英単語、文法を思い出そう。

TOEICは出題傾向がハッキリしているので、 TOEIC向けに作られた参考書による勉強が効率的です。但し、どのTOEIC参考書も中学レベルの英語知識を持っていることを前提として書かれているため、かつての僕のようにダメダメなレベルの初心者は、いきなりTOEIC教材に取り組んでも、「形容詞って何?」ということになったり、例文がなぜそういう意味になるかがさっぱり理解できず勉強効率が悪かったりします。

これら中学レベルの英語は直接TOEIC試験では問われませんが、基礎的な単語や文法が分からないと英文を聞いても読んでも意味が分かりません。勉強にならないんです。TOEICはもちろん、たいていの英語に出てくる文の8割位は"I""do""have"などの中学レベル単語のはずですから、これらの頻出度は圧倒的です。
TOEIC参考書には中学レベル単語の解説は載ってないので、ここをおろそかにすると、次のステップで辞書を引かざるを得ないことが多くなり無駄な時間を使います。

また、中学レベルの文法事項は当然知っている前提でTOEIC用参考書はできており、いちいち説明されないことが多いので、中学レベルの英文法を忘れてしまった初心者はTOEIC用参考書の解説が理解できないと思います。なので、初心者は中学生向け参考書からやるべきです。

本当は高校レベルの文法までやると特に読解力はUPすると思いますが、TOEICで要求されるリーディングのスピードは文法知識を使ったやりかたでは難しいと僕は思います。このため、目標700点、800点台ならば高校レベルの文法力は必要ではないのではと思います。
TOEICの回答はどうせ選択なので、正確な文意を取るより、なんとなく意味を高速で取ることが重要ですから。

また、高校レベルの文法問題がパート5で出ますが、TOEICで出る文法問題は大学受験よりレベルも低く、出るところも限られているため、TOEICのために高校文法を全部復習するのは時間がもったいなく思えます。

そんなわけで、現時点で初心者レベルの人は、本当の基礎の基礎勉強をさらっとやってからTOEIC向け勉強に取り組んだほうが,結局勉強の効率はいいんじゃないかと思います。
昔一応やったことを思い出すだけなので、忘れ具合にもよりますがそんなには勉強時間かけなくても大丈夫かと。また、完璧につぶす必要もないです。今後色々やっていく中でまた出てくるので、8割理解したくらいで次に進んでOKだと思います。

もちろん、現段階で中学レベルの英語は大丈夫という人はここの勉強は飛ばしてかまいません。

Step1「入門、初心者レベル」勉強法のゴール

■単語を覚えるというか、中学レベルの単語、熟語を思い出す。また、それらの単語を文の中では難しくても、単独であればTOEICスピードで聞き取れるようにする。
■中学レベルの単語、文法を思い出し、文意がある程度取れるようにする。

■TOEIC向け教材の解説になにが書いてあるかが理解でき、ちゃんと読めるようになる。
■TOEIC向けリスニング教材がある程度理解できるようになり、勉強になるようにする。

Step1「入門、初心者レベル」のおすすめ文法参考書、教材

中学3年間の英文法を10時間で復習する本―正しい英語は文法から!
★★★お好みで

今は中学文法を忘れてるけど、ちょっとやればちゃんと思い出せそうな気がする人向けの中学用英文法参考書。

10時間でと言う題名どおりボリュームは少なく、中学時代に英語が苦手でなかった人で、 参考書をちょっと見れば思い出せる自信のある人ならこれで十分じゃないでしょうか。


Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル
★★★★良い

中学英文法をかなり忘れてしまっている人や、中学時代に文法が苦手だった人は上記の参考書よりこっちの本をすすめます。

こちらの本は説明だけでなく、練習問題も相当量のっているドリル形式の参考書です。
上記の本は10時間ですが、こちらは30日。2~30時間くらい少しだけじっくりやる本です。
このため、思い出すというよりやりなおす必要のある真の初心者にはこっちの参考書の方ががいいと思います。


CD付き トコトンていねいな英文法レッスン
★★★★良い

参考書というより読み物みたいな本であまり勉強している感じなく読めますが、中学英文法はちゃんと網羅しています

文体がカジュアルでとても読みやすいので、苦手というかもう英語アレルギーな人でも苦痛少なく勉強できるかも。
初心者向けに、ていねいに分かりやすく解説されていると思います。中学生にも良さそうです。


Step1「入門、初心者レベル」のおすすめ単語参考書、教材

例文で覚える中学英単語・熟語1800
★★★★良い

この本は、例文に色々な単語熟語を詰め込んで、文の中で単語を覚えるDUO3.0タイプの例文型単語教材。

このタイプの単語本は、文として複数の単語がまとまっているため、単語をバラバラに覚えるよりも憶えなければいけない数が少なくて済み、文中での用例も分かるのでお徳度が高い。おすすめです。


中学英単語でるでる1200―CDつき体で覚えるデータベース (Toshin books)
★★★お好みで

ベーシックな単語本。作りも手堅く、勉強している感じがする本です。

忘れている単語を短時間でチェックし、そういう単語だけさらっと勉強しなおすのにいい本だと思います。
読んで分かるかどうかだけでなく、CDで聞けるかもちゃんとチェックを。


キクタン中学英単語高校入試レベル―聞いて覚えるコーパス英単語
★★★お好みで

これも初心者向けの中学単語教材です。このキクタンシリーズは「チャンツ式」なる学習法で、音楽に合わせて英語⇒日本語⇒英語と繰り返され、リズムに合わせてなんとなく聞いていると単語を覚えるというもの。
このキクタンシリーズ、合う人合わない人があるようですが、少なくとも音楽のおかげで勉強のつらさが軽減され、続けやすくなる効果がありそうです。


Step1「入門、初心者レベル」のおすすめ教材その他

英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け
★★★お好みで

有名な「DSえいご漬け」も有用です。 中学レベルの例文が流れ、それを聞き取って書くというのが基本のトレーニングで、その他にもレベルチェックテストや色々なゲームが入っており、勉強する気力が出ないときでも、これならなんとか取り掛かれたりします。

長所は、DSだと聞き返しがワンタッチでできることです。何度も何度も繰り返し聞くのが簡単なのでリスニング力をつける上で特に初心者レベルの人に有用です。まねして発音してみたりすると、さらによし。何度も何度も文を書かされるのでいやでも文法を定着させられます。また、DS教材はゲーム的な工夫があるので勉強する気力に問題を抱えている僕のような人にもお勧めします。

但し、全部やるには相当時間がかかるうえ、TOEIC的な内容ではないので学習効率が高いかというとたぶんそうでもないので、全部やらなくてもいいと思います。耳が少し英語慣れして聞ける文が増えてきたらそれで終わりしにしていいと思います。


入門、初心者レベルの参考書は、見てみて大体分かっていた人はさらっと流せばいいと思います。
忘れ方によりますが10から30時間も勉強すればいいのでは?

しかし、結構忘れていたという人は、ちゃんと中学英語を復習してから次のステップに行くことを強くお勧めします。


次は、「Step2 基礎レベルの勉強法」へ

←BACK | TOEIC勉強法と参考書HOMEへ戻る | NEXT→

TOEIC勉強法と参考書

TOEIC勉強法と参考書HOME
TOEICってどんなテスト?
TOEIC攻略の基本戦略
勉強法&ツール
勉強時間をひねり出せ
TOEIC攻略のステップ
入門の勉強法、参考書
基礎の勉強法、参考書
実戦的勉強法、参考書
試験対策勉強法、参考書
まずは700点を狙う勉強法、参考書
勉強法まとめ
単語強化の勉強法、教材
リスニング強化の勉強法
リーディング強化の勉強法
傑作参考書と名著者
試験本番の攻略法
問題文、選択肢先読みの方法
Nintendo DSでTOEIC学習
英語学習修行
売れ筋英語学習本や洋画DVD

外部リンク
スカイプ英会話の評判を比較
TOEICの任天堂DS勉強法
TOEIC関連リンク集


TOEIC600点狙い参考書
売れ筋ランキング