最短勉強時間攻略TOEIC勉強法のまとめ

TOEICの勉強はまず単語から。

単語でいちいち詰まっていると、他の勉強の効率が悪化します。つまらなくてもまず最初に単語を覚えましょう。そして、読んでわかるだけではなく聴けないとだめですよ。
但し、正確なスペルを知る必要はありません。出ないので。
初心者は中学レベルの単語とDUO3.0を7-8割憶え、聞けるようになったら、他の勉強に移りましょう。
あと、中学レベルの文法を忘れてる人はまず最初に復習しておいたほうがいいです。そうしないと単語が分かっても文の意味が取れないので。


リスニングの勉強は文章付きの素材を使い、聞けなかったところの文を確認しながらやる。

聞き流しは、わからないところが分からないままで終わるので、特に初級レベルでは効かない。やっぱり聞けなかったところは聞けるまで文を見ながら何度も繰り返さないと。
最初は短文の方が聞き返しが楽。おすすめ参考書はやっぱりDUO3.0。最初は基礎用CDと共に。聞き返しが楽なDSえいご漬けを併用してもいいかも。

TOEIC攻略には、英語をなるべく書かない、しゃべらない勉強法をお勧めします。英語を書くのは時間がかかって勉強効率悪いし。音読やシャドウイングで英語しゃべると今度は意味をとるのがおろそかになる。

試験に出るのは「聞く」と「読む」だけ。時間がない中で英語力向上でなくTOEICのスコアアップを狙うなら、この2つに集中した勉強法がいいと思う。
音読や、ディクテーションは760点-800点狙いの中級レベルTOEIC勉強法としては僕はあまり勧めない。上級レベルを目指すならこれらは有効な勉強法に思えますが。

社会人の場合、勉強は基本電車や車の中でやる。

細切れの時間でもかなり色々やれるのが英語学習のいいところです。
英語の学習は時間を計って模試をする以外なら全てのメニューが電車の中だけでできちゃいます。
スキマ時間でも歩きながらでも英語は勉強できるので、通勤と実に相性がいい。

家では勉強をやらない言い訳が沢山浮かんでしまいますが、電車の中ではやらない言い訳が難しいので、続けやすい。
僕のような根性なしでも、通勤時間に勉強することを習慣にしてしまうと意外とできるものです。
通勤学習が習慣になれば、やらないと気持ち悪くなるというか、落ち着かなくなるのでそうなればTOEICスコアアップを達成したも同然です。

必須の参考書は"DUO3.0の本とCD"そして"公式問題集"

500点から600点位狙いであればDUOと公式問題集の復習だけでもいいかもしれないです。
DUOは本来単語本なんですが、初心者用に最良のリスニング素材でもあるのが DUO3.0の基礎用CD。中級を目指すなら必須の本&CD。

公式問題集は「試験なれ」「リスニング先読み」「リーディング時間配分」というスコアアップ必須のテクを磨くために欠かせない本。実力で100点UPはそれなりに大変だけど、試験テクのあるなしで100点くらいすぐ上がる。 問題集としても最もTOEIC本番に近いものなので、CDはipodにいれ、リーディングパートの復習も繰り返しばっちりやること。
<DUO 3.0シリーズ商品へのリンク>

<TOEIC テスト 新公式問題集vol.1-vol.4へのリンク>

勉強効率がいいのはTOEIC用の参考書や問題集。

基礎の勉強が終わればあとは、出題傾向にマッチしたTOEIC教材による学習が断然効率的です。少なくとも、パート2、パート5、パート6はTOEIC用参考書、問題集で対策すること。
パート3、パート4、パート7も出題傾向は明らかなので、やはりTOEIC用参考書、問題集、単語本をやった方がいい。
但し、本の名前にTOEICと書いてあっても、中身が全然出題傾向と違うなんちゃってTOEIC本がけっこうあったり、内容が古いものも本屋に沢山あるので参考書選びは注意してください。このサイトのおすすめ参考書、問題集をぜひ参考に。

英字新聞や雑誌、Webサイト、Youtubeの英語なども息抜きとしてはいいけど、出題傾向に合っていないので、TOEIC向けには学習効率自体は低い。

但し、読めて、聞ける単語が少ない状態、中学文法がわからない状態だと、TOEIC本をやってもつらくて学習効率最悪なので、TOEIC参考書、問題集はまだやらないこと。

まず、中学文法、単語を復習した後、 DUO3.0を繰り返してからTOEIC用の参考書や問題集に挑戦してください。

模試形式問題集で5回はリハーサルを。復習もしつこくやる。

TOEIC公式問題集をはじめとした模試本にちゃんと時間を計って何度も取り組み、リスニングパートの 先読みとリーディングパートの時間配分に慣れておくことは絶対欠かせない対策。受験前に最低5回はやっておこう。

模試本は、最良のテキストでもあるので、全問正解できるまでバッチリ復習すること。
テクを磨くために公式問題集はマストとして、他にも値段の安い非公式の模試形式問題集も買って、回数を増やすといい。

<非公式模試おすすめ TOEICテスト新・最強トリプル模試 (3)>
巻末のオマケ例文集がいい感じ。公式よりサイズが小さいので電車で読みやすい。


皆様のTOEICスコアアップをハゲシクお祈りいたします。


次は、「単語対策の参考書、勉強法」へ

←BACK | TOEIC勉強法と参考書HOMEへ戻る | NEXT→

TOEIC勉強法と参考書

TOEIC勉強法と参考書HOME
TOEICってどんなテスト?
TOEIC攻略の基本戦略
勉強法&ツール
勉強時間をひねり出せ
TOEIC攻略のステップ
入門の勉強法、参考書
基礎の勉強法、参考書
実戦的勉強法、参考書
試験対策勉強法、参考書
まずは700点を狙う勉強法、参考書
勉強法まとめ
単語強化の勉強法、教材
リスニング強化の勉強法
リーディング強化の勉強法
傑作参考書と名著者
試験本番の攻略法
問題文、選択肢先読みの方法
Nintendo DSでTOEIC学習
英語学習修行
売れ筋英語学習本や洋画DVD

外部リンク
スカイプ英会話の評判を比較
TOEICの任天堂DS勉強法
TOEIC関連リンク集