TOEIC700点を狙う勉強法、参考書

TOEICスコア700点をもっと短い勉強時間で取る対策

色々とTOEICの勉強法や参考書を紹介しましたが、まずは700点狙いでいいということであれば、参考書や問題集も勉強時間もそんなにはいらないと思います。
中学英語とDUOはちゃんとやるとして、その後リスニング、リーディングの修行を多少サボっても700点なら十分いけると思います。

700点でよければ、得点しやすいパート1,2,5,6だけしっかり対策し、パート3,4,7の難しいところはカンで答える位でも、試験対策が仕上がっていれば700点は十分狙えるでしょう。
以下の参考書や問題集に加え、Step4で紹介したの模試形式問題集や試験対策参考書があれば十分ではないかと思います。

700点狙いの勉強法ではTOEIC向け単語本も省略し、DUOの単語+他の参考書や模試形式問題集の復習で語彙を増やすだけに留め、より短時間での700点ゲットを狙います。

TOEIC700点を狙う勉強法

■やれば短時間で成果が出るパート1,2,5,6の勉強を優先する。問題数が多い2と5に重点を。
■特にパート5の回答を高速化する勉強をして、パート7に時間を残す。。
■リスニングのパート3,4やリーディングのパート7は、簡単な問題だけ拾い、難しい問題は半分捨てていくくらいで700点ならいけると思います。

TOEIC700点を狙う勉強法のおすすめ参考書、問題集

Step3で紹介した参考書、問題集の700点狙い向け省略バージョンです。本が減る分勉強時間も短くて済むでしょう。

これらの参考書、問題集をやる前には、Step1の中学英語Step2のDUOの勉強を済ませておいてください。

そして、下記参考書をやったら、試験までにStep4の試験対策参考書、模試形式問題集も必ず勉強してください。。


TOEIC テスト出まくりキーフレーズ 【CD付】 ★★★★良い
TOEIC頻出の単語や熟語や慣用表現が含まれた短文を詰め込んだ本。パート1、2の頻出文は非常にいい感じなので700点狙いならここらへんを重点に勉強を。CDを即ipod行きにしちゃってください。
内容も、パートごとに分かれた構成もTOEICフォーカス度満点なのでどんな人もやって損はないと思う。 コンパクトで携帯しやすく、細切れの時間でやれるのもいいです。 。

新TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!―直前5日間で100点差がつく鉄則27 ★★★★良い

薄くて取っ掛かりやすく、パート5、6に出るパターンに絞って文法問題が解説されている。参考書/問題集。これを7割理解すればスコア700点目標者にはちょうどいいくらいじゃないでしょうか?

1日1分レッスンシリーズ ★★★★良い

TOEIC度全開のパート5ミニ問題集。問題も解説もスコア700点目標者にはいい感じ。文庫本サイズで持ち運びしやすく、ページ構成も通勤のお供に最適。値段も安いので買って損なし。でも、問題集なので、これだけでは勉強が足りないと思います、上の本との併用がおすすめ。このシリーズは何冊かありどれもおすすめです。


CD 付 新TOEICテスト 1週間でやりとげるリスニング  ★★★★良い

これも薄めでとっかかりやすく、ツボ押さえた回答技術というかコツのトレーニング参考書/問題集。時間効率は高いと思う。700点狙いならパート1,2の部分を重点に。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル  ★★★★良い

TOEIC総合対策本。初心者向けにTOEIC当日の進行の説明から、傾向分析、頻出問題などで構成されている。説明が丁寧なので、基礎知識が弱めでもある程度理解しやすい。手っ取り早く少しスコア上げたい人に良いと思う。

TOEIC テストこれ1冊で全パートをモノにする―500点~860点突破のための解法テク&実戦問題  ★★★★良い

TOEIC総合対策本。特にパート5対策はなかなか良い。単語教材とこれと対策本と模試本みっちりやればそれだけでスコア700から750点いけそうな気もしないでもない。お得度の高い参考書だと思う。

■TOEIC TEST DSトレーニングシリーズ


 ★★★★良い
このソフトは基本TOEICの問題集です。パート1から7までの各形式で問題が入っています。
DSソフトですが遊びでなくマジなソフトで、全パートの学習が出来ますし、単語練習モードや本番同様の時間でやる模試モードなどもあり、制限時間付きで取り組むことも出来ます。本と違い先読みの練習にはなりませんが。 マジとはいえ多少はゲーム的な工夫がされておりそれほどつらくなくやれるのが長所です。
赤い方は問題集+単塾語集で、単熟語集は青い方より充実しています。
青い方は、問題集+単熟語集に加え各種のトレーニング問題が付いています。
問題数は試験3回分位で全部やりきることもできる分量です。なので両方買ってもいいですがどちらかと言えば青い方(もっとTOEIC TEST DSトレーニング)でしょうか。
単語をやりたい人は赤い方を。



700点狙いなら、これだけやって、その後Step4で紹介した模試形式問題集と試験対策参考書をやれば大丈夫ではないでしょうか。

単語がDUOまでなところがTOEIC対策としては心もとないので、上記の参考書やStep4の参考書、問題集に出てくる単語を復習してちゃんと潰してください。


次は、「TOEIC勉強法まとめ」へ

←BACK | TOEIC勉強法と参考書HOMEへ戻る | NEXT→

TOEIC勉強法と参考書

TOEIC勉強法と参考書HOME
TOEICってどんなテスト?
TOEIC攻略の基本戦略
勉強法&ツール
勉強時間をひねり出せ
TOEIC攻略のステップ
入門の勉強法、参考書
基礎の勉強法、参考書
実戦的勉強法、参考書
試験対策勉強法、参考書
まずは700点を狙う勉強法、参考書
勉強法まとめ
単語強化の勉強法、教材
リスニング強化の勉強法
リーディング強化の勉強法
傑作参考書と名著者
試験本番の攻略法
問題文、選択肢先読みの方法
Nintendo DSでTOEIC学習
英語学習修行
売れ筋英語学習本や洋画DVD

外部リンク
スカイプ英会話の評判を比較
TOEICの任天堂DS勉強法
TOEIC関連リンク集

TOEIC700点狙い参考書
売れ筋ランキング